受験すべき簿記試験とは

簿記資格の取得を目指すにあたり、「どの資格を取得したらいい?」や「やはり最初は一番下の級から取るべき?」、そして、「どんな試験内容で、その難易度は?」など、様々な疑問点があると思われます。

そこでこのサイトでは、簿記資格の取得を目指す方に向け、簿記試験に関するあらゆる情報を提供していきたいと思います。また、コンテンツには簿記試験に関するデータのみならず、適切な学習プランや資格取得後についても言及してきますので、真剣に簿記資格の取得を目指す方はもちろん、簿記資格に興味のあるという方も是非、最後までご覧下さい!

就職・転職には2級が有利に!

簿記資格の取得を目指そうにも、その対象が定まらなければ対策を練ることもできません。まずは、受験する簿記試験を決定しましょう。現在、日本には全国経理学校協会主催による「全経」、全国商業高等学校協会主催の「全商」、そして日本商工会議所が主催する「日商」と3つの簿記試験が存在しています。

なかでも、もっとも権威があり社会的な評価も高い試験が日商です。日商の簿記試験は、簿記知識の基礎中の基礎を検定する4級から、合格者には上級試験である税理士試験の受験資格が与えられる1級までで構成されています。

ちなみに、就職や転職で企業が評価する判断となるのは2級から。例えば、新卒の学生が日商簿記検定の2級資格を有していた場合には、同レベルの学生と比べその向学心が評価されることは間違いないでしょう。
一方、転職の場合は資格よりもキャリアが重視される傾向にあるため、経理部所属などの実績に加え、2級以上の簿記資格を有しているということが評価を受ける条件となるでしょう。実績がありながら資格を有していないという方は、是非、日商簿記検定2級の資格取得を目指して下さい。

となれば、受けるべき試験は日商簿記2級なのですが、簿記知識のない初学者がいきなり日商簿記2級の学習を始めて理解できるかと言えば、正直、厳しいと言わざるを得ません。そこで提案したいのが、簿記の基本要素を学習できる3級からの学習です。3級から学習を始め2級への学習とステップアップ。しかも!受験も2級と3級を同時受験し同時取得を目指してみてはいかがでしょうか!? 初学者の方は驚かれたかもしれません。しかし、これは決して不可能な提案ではないのです。次頁では無理ではない理由を紹介します。

次のページ >>