簿記の基本ルール

会計知識の無い初学者の方にとって「簿記って難しそう」や「数学が苦手な私に出来るのか」など、学習を始める前には何かと心配してしまいがちです。しかし、一見複雑に思えるその計算も実は基本ルールに則ったものであり、また、その基本ルールはいたってシンプルな仕組みなのです。そこで、このページでは、学習前にしっておきたい簿記の基本的なルールを紹介します。

【簿記の基本ルール】

ルール①:簿記には5つの基本科目がある!
簿記の基本科目とは、資産、負債、資本、収益、費用の5つ。様々な勘定科目が存在するが、そのすべてがいずれかに所属します。

<勘定科目グループ>

  • 資産:現金、受取手形、売掛金、建物、車両、備品、有価証券など
  • 負債:買掛金、支払手形、借入金、商品券、未払金、未払利息など
  • 資本:資本金(3級で出てくるのは資本金のみ)
  • 収益:売上、受取家賃、受取配当金、受取利息、雑益など
  • 費用:仕入、発送費、消耗品費、通信費、租税公課、保険、家賃など

ルール②:基本科目の配置規則(仕訳)を覚えよう!
各基本科目に、増加した場合と減少した場合で帳簿に配置する位置が逆転します。なお、帳簿の左側を貸方(かしかた)、右側を借方(かりかた)といい、勘定科目の増減により、貸方か借方に振り分けることを「仕訳」(しわけ)といいます。基本科目が増減により、どちらに配置されるかを把握しましょう。

<基本項目の配置規則>

 

左側(貸方)

右側(借方)

資 産

増 加

減 少

負 債

減 少

増 加

資 本

減 少

増 加

収 益

減 少

増 加

費 用

増 加

減 少

簿記の基本ルールとなるのはこの2つ。いかがでしょうか、いずれも学習を尻込みほど難解なルールではないはずです。もちろん、計算式も基本的には加算と減算のみと、数学レベルの計算は存在しません。その証拠に、過去には小学生が3級試験に合格した例もあり、心配する必要はないのです!

次のページ >>