復習が効果的な理由

覚えた知識を脳に定着させるためには、復習するほか方法はありません。そして、同じ内容を繰り返し覚える復習は、大半の人にとって苦痛なものです。しかし、脳のメカニズムが復習を必要としているのです。それを裏付ける興味深い実験結果がありますので、ご紹介しましょう!

ある脳科学者によれば、脳は一旦記憶しても約4時間後には記憶した量の半分しか覚えていないとのこと。そして、その時間経過と忘却数の関係性を示したグラフを「忘却曲線」といい、その速度や量に個人差はないのだそう。
また、一旦記憶した知識を短期記憶といい、それを長期記憶として脳に定着させるためには、長期記憶の保存場所である大脳皮質へと格納する必要があり、その方法は、繰り返し復習を行うほかないということなのです。

また、ゲイツという学者が15歳の学生を対象に行った、記憶に関する実験があります。それは、意味のない言葉を覚えさせるのですが、学生により記憶と復習の比率を変えてみたところ、下のような結果となったとのことです。

【学習時間と復讐時間の割合による記憶量の差異】

<記憶に費やした時間>

<復習に費やした時間>

<記憶した言葉の平均数>

100%

0%

65個

80%

20%

92個

60%

40%

98個

80%

60%

105個

20%

80%

137個

楽しく効果的に復習する方法

上記のとおり、記憶より復習に時間を費やした方が、圧倒的に記憶できる数が多いことが証明されました。となれば、受験のためにも復習に多くの時間を割きたいものですが、単純な作業ゆえなかなか気乗りがしないのも事実です。

そこで提案したいのが、テキストだけではなく問題演習による復習です。記憶にとって復習が重要であることと同様に、失敗による繰り返しも記憶力を向上する重要な要素です。問題演習ならば記憶するだけの単純作業ではなく、問題を解答するという知的好奇心と刺激を伴いつつ復習することが可能です。
そうした観点からも、過去問はもちろんのこと確認テストやチェックテストといった、復習カリキュラムの多い講座を選ぶことも効果的に学習を進めるための大きなポイントとなります。

次のページ >>